新型コロナウィルスと気温、湿度、紫外線について

気になる記事を見かけたのでリンクを貼っておきます。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00616857-shincho-soci

これから夏に向けて感染力が衰えていくであろうという見解です。気温22度、湿度50%ではウィルスが活動できない(アメリカからの研究報告 新型コロナウィルスは湿度に弱い)。気温8.72度を超えるとウィルスの動きが急速に鈍化する(中国の研究チーム)。「コロナウィルスその他への実験で、紫外線を当てれば、ウイルスを無害化、除去できることが明らかになっています。UVCは、ほとんど全ての菌やウィルスを死滅させている」(長野保健医療大学、北村義浩教授)。5月末頃から紫外線の量も増えてくるし、梅雨に入って湿度が上がれば終息に向かうのではないか。

確かに期待はできると思う。だけどそれまで感染者が増え続けるのは恐ろしい。もっと早急に終息させたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。