ASUS H87-PRO+AlmaLinux8.5=SSD RAID1

マザーボード;ASUS H87-PRO
OS:AlmaLinux8.5

オンボードRAIDを使用して、SSD2台のRAID1(ミラーリング)を構築

OSのインストールは問題なくできた。

apache2.4.37
PHP8.0.18
MYSQL8

躓いたのはSSL
SSL設定をconfファイルに記述するとhttpdがエラー発生起動せず
mod_sslのインストールで解決
yum -y install mod_ssl
インストールしただけで解決した。

AlmaLinux 8.5 インストール手順

Almalinuxのインストール
 DNS設定を忘れずに!

NTPサーバの変

SELinux の解除

SSH
 Port変更
 PermitRootLoginをno

Firewallの設定変更

Apacheのインストール

Mysqlのインストールで躓いた
 mysql_secure_installation でrootパスワードを設定した後でpasswordポリシーの変更をしようとした場合、SSHリモートからでは設定が有効にならず、実機から直接 

mysql> set global validate_password.policy=LOW;
としたら有効化された。
参考サイトはこちら

1押しサイト

Linuxサーバーには最新PCはダメ!!

今回用意した材料

マザーボード:ASUS TUF GAMING B660M-PLUS D4
CPU:Core i5-12400
メモリー:Team DDR4 3200Mhz PC4-25600 8GBx2枚
SSD:Patriot Memory P210 1TB × 2個

オンボードRAIDを利用し、初めてのSSDミラーリングRAID構成を計画。
UEFIでRAIDアレイの作成が済み、OS:Rocky Linux8.5 を使用しインストールを開始。しかしRAIDアレイはストレージとして認識されず。ドライバ関係だと考え、OSをAlmaLinux8.5 に変更して再度インストール。結果は同じ。
次に試したのはシングルSSDにしてのインストール。結果は同じくストレージ認識されず。どちらのOSも同じ。
次は、古いHDDをもってきてシングルHDDでインストール。これはインストール成功。
HDDなら行けるのかと思い、HDD2台でRAIDを組んで再トライ。結果はストレージ認識されず。

結局、インテルB660というチップセットのRAIDとSSDの両方がダメで、HDDだけがOKという結果。HDDでのソフトウェアRAIDであれば組めるがそれだったらWindows PCとして使用したほうがよい。

今日の教訓:LinuxにはWindows PCとして活躍してきたものを再利用するべし!!

crontab

crontab -e
でcrontabテキストエディタに入る
プログラムを入力。ここまでは問題なし。
いざ保存して抜けようとしたら抜け方がわからない。
色々調べたら「insert」キーを押すごとに「– INSERT –」と「– REPLACE –」という表示が一番下の行に出てて、「ESC」キーを押してこれを表示させなくする。
「:wq」「ENTER」で抜けられた。
再度開いてみたが保存されていた。